モンテ、総力戦で白星つかめ きょうアウェー松本戦

2020/9/5 08:31

[PR]
 サッカーJ2は第17節第1日の5日、各地で9試合が行われる。モンテディオ山形は午後6時から長野県松本市のサンプロアルウィンで松本と対戦する。中2日で迎えるアウェー戦の厳しい日程。前節からメンバー変更の可能性は高く、総力戦の白星をつかみたい。

 山形は4日、非公開練習で調整した。前節のホーム山口戦は攻め込みながら、7試合ぶりの無得点で引き分けた。今季初の3連勝には届かず、通算成績は5勝7分け4敗。順位は12位に下がった。

 一方の松本は2018年のJ2で優勝し、2度目の昇格を経験。昨季は1年で降格が決まり、8年間チームを率いた反町康治前監督が辞任した。大きな転換点となり、市立船橋高(千葉)や当時J3の群馬で手腕を発揮した布啓一郎監督が指揮を執る。

 シーズン序盤の5連敗で大きくつまずき、通算成績3勝4分け9敗の20位。シーズン途中の補強に踏み切り、J1仙台のDF常田克人、J1横浜MのDF前貴之が加わった。持ち味だったハードワークを徹底できていない場面もあるが、前線のタレントは豊富だ。昨季途中まで山形のエースだったFW阪野豊史は競り合いに強く、技術の高いMFセルジーニョら外国籍選手も多い。

 陣形は4―4―2が予想されるが、守備重視の布陣に変更した前節の山口のように、2連敗中の松本が戦い方を変える可能性は否定できない。石丸清隆監督も「山口戦で面食らった部分があったのは確かで、今後も十分にあること」と強調し、柔軟な試合運びを求めた。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]