認知症、理解願うオレンジ 旧米沢高等工業学校本館をライトアップ

2020/9/2 10:13
月をバックにオレンジ色のライトで照らされた旧米沢高等工業学校本館=米沢市

 今月21日の「世界アルツハイマーデー」を前に、認知症への理解を呼び掛ける県内主要ランドマークへのライトアップが1日、米沢市の旧米沢高等工業学校本館を皮切りに始まった。ルネサンス洋式を基調としたモダンな建物がシンボルカラーのオレンジ色で照らされ、いつもとは違った装いを見せている。

 認知症の人と家族の会県支部(五十嵐元徳世話人代表)が主催した。ライトアップされるのは、同本館のほか文翔館(山形市)と上山城(上山市)の2カ所となっている。同本館以外は18~24日に実施する。

 同本館は今年、新型コロナウイルス感染症の早期収束と家庭内暴力撲滅への願いを込め、青と紫を基調にライトアップしている。通りかかった市民は「オレンジとは珍しい」と見入っていた。30日まで。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
おすすめニュース

県内ニュース最新一覧

[PR]