県内ニュース

段ボール製簡易ベッドを開発 上山のエスパック

2020年08月31日 21:44
エスパックが開発した段ボール製簡易ベッド「クイックベース」=上山市
 段ボール箱製造のエスパック(上山市、佐藤敬一社長)は、段ボール製簡易ベッド「クイックベース」を開発した。1~2分程度で簡単に組み立てられ、畳んでコンパクトに収納できるほか、何度でも利用できるのが特徴。災害時の避難所など防災用のほか、家庭でも活用できるようにした。

 段ボール製ベッドは感染症予防や防寒に効果があるとされ、雑魚寝が多い避難所環境の改善に向け、全国で活用の動きが広がっている。同社は「通常の段ボール製ベッドは多くの箱が必要で、完成までに手間がかかるといった課題がある」として「組み立てが簡単」「たためる」「安価」をコンセプトに、2カ月半ほどかけて開発した。

 サイズは縦196センチ、横98センチ、高さ37センチで、通常のシングルベッドのマットやシーツが使える大きさ。梱包(こんぽう)の段階であらかじめ土台を格子状に組み立てるなどパーツを六つに抑え、「二つの土台パーツを広げる」「連結パーツでつなげる」「天板パーツをかぶせる」の3ステップで完成できるようにした。大人が長期間使っても十分耐えられ、身の回りの小物なども収納できる構造になっている。

 1台5478円で2台から販売する。別途送料と梱包代が必要。全国の自治体に売り込み、問い合わせも届いているという。同社は「災害時だけでなく、単身赴任や進学で1人暮らしをする人、来客用など家庭でも使える。土台パーツ一つでテーブルにもなるなどアイデア次第で活用方法が広がるので、多くの人に関心を持ってもらえるようにしていく」と話す。問い合わせは同社023(673)1155。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から