県内ニュース

不安解消へ、心強い一冊 医療的ケア児と家族向け、県がガイドブック作製

2020年08月31日 09:47
医療制度や教育、在宅サービスなど家庭で活用できる情報や支援策をまとめたガイドブック
 日常的に医療的ケアが必要な子どもとその家族をサポートするため、県は医療制度や教育、在宅サービスといった支援策の情報を網羅したガイドブックを作製した。生活支援に関する情報や専門的な医療機関、支援団体の連絡先も記載しており、不安解消につながる「心強い一冊」に仕上がった。

 県障がい福祉課によると、医療技術の進歩などを背景に小児医療の救命率が向上する一方、日々の生活で胃ろうやたんの吸引などが必要となる医療的ケア児が増えているという。市町村への聞き取りでは、2019年5月現在で県内に136人の医療的ケア児がいる。

 県は18年度、県内で医療的ケア児がいる家庭を対象にアンケートを実施。その際、「支援策に関する情報が分からない」「さまざまな施策が家庭に届かない」との声が複数あった。こうした要望を受け、県は家庭で活用できるガイドブック作りに取り組み、6月に完成した。

 ガイドブックは全65ページで、図や写真を多用した点が特徴。障害種別ごとの主な支援内容では肢体不自由や聴覚、視覚、知的のそれぞれの障害で必要となる医療や教育、就労支援などを図式化した。

 障害者手帳をもらう手続きや医療制度の申請方法など、日常生活を安心して送るために必要な情報を多く盛り込んだ。災害や緊急時に備えるケア用品はお薬手帳や紙おむつ、医療用ミルクなどのチェックリストを記載。新型コロナウイルス感染症への対応は手洗いや手指消毒、マスクなど防護用具の徹底を呼び掛けているほか、体調の変化を丁寧に観察し早期発見、早期対応を求めている。

 さらに医療的ケア児の就学までの流れについても紹介。就学先を検討する際には▽子どもが持つ力を十分に伸ばすことができる学びの場▽必要とする教育環境や体制の整備―を総合的に判断する重要性を指摘している。

 県が山形大医学部小児科学講座や県看護協会、支援団体などの協力を受けて作った。ガイドブックは県のホームページからダウンロードできる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から