県内ニュース

花笠、スタジアムに舞う あすモンテホーム戦、山形大生ら披露

2020年08月15日 14:02
昨年5月、茨城県で花笠踊りを披露する山形大花笠サークル「四面楚歌」のメンバー。モンテディオ山形の試合が行われる16日には、同サークルと県立保健医療大の学生が踊りで会場を盛り上げる(同サークル提供)
 サークル活動で花笠踊りに取り組んでいる県内の大学生らが、16日に行われるサッカーJ2・モンテディオ山形のホーム戦で踊りを披露することになった。新型コロナウイルスの影響で今年は山形花笠まつりが中止となるなど、活動の場が失われていたが、モンテの協力を得て晴れの舞台が用意された。企画した学生たちは「花笠踊りを通して元気を届けたい」と力を込める。

 企画したのは、山形市で開かれる「東北絆まつり」に向けて発足した「学生チャレンジプロジェクト」のメンバー。今年5月に予定されていた絆まつりを盛り上げるための催しを準備していたが、感染拡大によって4月に日程が1年程度延期されることが決まった。これを受け、まつりの場に限らず、地域を盛り上げる活動を進めることにした。

 学生たちは、夏に何かできないかと考える中で「山形の夏と言えばやはり花笠」と発案。山形市を通じて踊りを披露する場を探していたところ、同様に花笠企画を検討していたモンテ側から打診があり、天童市のNDソフトスタジアム山形で長崎戦が行われる16日に実現することになった。

 出演するのは、山形大の「四面楚歌」と県立保健医療大「花の会」の二つの花笠踊りサークルに学生有志を加えた総勢50人。試合前の午後4時からスタジアム前ステージイベントに登場し、ハーフタイムではスタジアム内で踊りを繰り広げる。

 プロジェクトのメンバーで、踊りにも参加する東北芸術工科大4年黒田直子さん(21)は来年、就職のため山形を離れるという。「プロジェクトに最後まで関われず悔しい気持ちもあるが、学生最後の夏にこうした機会をつくることができてうれしい。(16日は)自分たちの活動もしっかりアピールしたい」と意気込んでいる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から