県内ニュース

本県採択325件、東北最多 小規模事業者への持続化補助金

2020年08月15日 10:24
PR
 県は、中小企業庁による「小規模事業者持続化補助金」に関し、県内事業者の採択状況を公表した。2019年度補正分としての採択数(一般型)は325件となり、4年連続で東北最多だった。新型コロナウイルス感染対策に絡む20年度補正分の採択数(特別対応型)は189件で、東北では3番目となっている。

 持続化補助金は、商工会や商工会議所の助言を受けて経営計画を作った小規模事業者に対し、販路開拓などを図る費用の一部を補助する制度。一般型の補助率は3分の2で上限額は50万~200万円。本県の採択実績は19年が641件、18年が352件、17年が387件となっている。

 今回採択を受けた業種は飲食業、サービス業、建設業など幅広く、具体的な経営計画では店舗設備の充実と子ども向け飲食メニューの開発、会員制交流サイト(SNS)を活用した企画による新たな客層獲得などに取り組むとしている。

 新型コロナに関する特別対応型は、事業環境に与える影響を乗り越えてもらうために新設された。補助率は3分の2または4分の3で、上限額は100万~200万円。キッチンカーを活用した移動販売事業の展開や、非対面型のウェブ営業スタイルの確立、インターネット通販体制の拡大といった取り組みが採択されている。

 本県の採択数が東北地方の他県を上回っている現状について、県中小企業振興課は「商工会、商議所の経営指導員などによるきめ細かな指導のたまもの」と分析。事業者の経営計画策定が申請条件となっており、この支援が功を奏しているとみている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から