県内ニュース

地滑り対策、強化要請 専門家が大蔵・南山で調査

2020年08月15日 09:47
地滑り現場を確認する参加者。右上には傾いた鉄塔が見える=大蔵村南山
 県内で7月末に発生した記録的大雨の影響により大蔵村南山で地滑りが発生し、県の派遣要請を受けた土砂災害専門家が14日、現地調査を行った。現時点で地盤の動きは落ち着いているものの、今後の雨などで再び動きが活発化する恐れがあり、早急な対策や監視体制の強化を求めた。

 地滑りは東北電力柳渕(やなぎぶち)発電所の裏手で発生し、幅約200メートル、長さ約150メートルにわたって崩れた。近くに民家はないが、この影響で同発電所は運転を停止している。他の発電所から電力を供給しているため、地域住民の生活に支障はないという。先月末に大蔵村の職員が発電所のそばを走る村道に亀裂が入っているのを発見。次第に亀裂が大きくなり、今月10日に地滑りの発生を確認した。

 現地調査は国立研究開発法人土木研究所(茨城県)の杉本宏之上席研究員らが行い、その結果について記者会見した。7月豪雨で地下水が上昇したことが発端になったとの見解を示し、現状では被害拡大の危険性は低いとした一方「同様の雨が降った場合や来春の雪解け水により再び動き出す恐れがある」と指摘した。

 県は国の補助金の活用を見据えつつ、今回の助言を基に対策を講じることとしている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から