県内ニュース

豪雨の名残、盆の入り・河北

2020年08月14日 14:37
浸水し床板を外した仏間の一角に板を張り、仏壇を据えて太田義和さん(奥)と和也さん親子が手を合わせた=河北町谷地
 先月の記録的豪雨で県内最多の住宅138棟が浸水被害を受けた河北町。押切地区では盆の入りの13日、被災した家で仏壇に手を合わせる家族の姿があった。

 無職太田義和さん(69)方は1階床上まで浸水し、仏間も泥をかぶった。親類らの助けで泥出しは終えたが、仏間は床板を外したままだ。「無事に先祖を迎えることはできないと半ば諦めていた」と長男の会社員和也さん(41)。だが、大工の計らいで仏間の一角に板を張ってもらい、幸い大きな損傷がなかった仏壇を据えると、先祖を供養するための場は確保できた。

 この日、墓参りを終え夕方に2人で手を合わせた。水害の際、消防団員として警戒や交通誘導に奔走した和也さんは、仏壇に向かい「家族と生活を守ってほしいと願った」。かつて大病を患い、半身が不自由な義和さんは「今後の復旧に時間もお金もどれだけかかるか」と不安を口にしたが、和也さんは「命があれば何とかなる」と前を向いた。

 床上浸水23棟、床下浸水8棟と被害が大きかった押切地区では、位牌(いはい)や仏壇を2階に移したり、仮住まいのアパートに持って行ったりしてお盆を迎えた家もあった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から