県内ニュース

高速道に立ち入り注意 道に迷う認知症高齢者増加、県警が警戒呼び掛け

2020年08月12日 12:07
 県内で高速道路への人の立ち入りが増えている。今年に入って東北中央自動車道で4件、山形自動車道で3件あった。いずれも事故には至らなかったが、県警高速隊は認知症の高齢者が道に迷い、誤って立ち入るケースが目立っているとし、ドライバーなどに注意を呼び掛けている。

 高速道で確保される人数は、年々増加傾向にある。2016年は9件。17~19年は15件前後で推移。今年は7月末時点で7件となっている。今年は1~5月に2件だったものの、6月は2件、7月は3件と毎月、複数の立ち入りが確認されており、注意が必要だ。

 山形道では先月17日、鶴岡市内の中央分離帯を歩いていた庄内地方に住む90代男性が保護された。男性は認知症の疑いがあり、散歩している途中で道に迷い、庄内あさひインターチェンジから誤って進入したという。通行車から通報が相次ぎ、その後、家族に引き渡されたが、一歩間違えれば大きな事故につながっていた可能性もある。

県内の高速道路では人の立ち入りが増えており、県警が注意を呼び掛けている=山形市
 県警高速隊の吉田幸司副隊長は、高速道路の事故は被害が大きくなるリスクが高く、ドライバーには立ち入りがあることを頭に入れて、運転することが必要だと説明する。「万が一見つけた場合は、110番通報し、即時に位置を特定させるため、道路沿いにあるキロポストの表記やどの方角に歩いて行ったのかを伝えてほしい」と話す。一方、高速道路付近に住む高齢者を家族に持つ人には「注意して見守りを」と呼び掛けている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から