県内ニュース

歩数や健診でポイント、ためて商品券と交換 上山市が新事業

2020年08月10日 12:31
市民の健康づくりを後押ししようと、上山市は10月から「かみのやま健康ポイント」をスタートさせる
 上山市は、10月1日から市民の健康づくりを後押しする「かみのやま健康ポイント」を新たに始める。情報通信技術(ICT)機器を活用し、目標歩数の達成や健康教室への参加などでためたポイント数に応じて市内店舗で使える商品券と交換できる取り組み。今月19日まで参加者を募集している。

 「糖尿病になる可能性が高い人の割合が県内ワースト2」「特定健診受診者の約6割が血圧値が高い」「65歳以上の約2割が介護認定を受けている」といった市民の健康課題を抱える同市。これらの問題解決へ、楽しみながら健康づくりに取り組む機会を市民に提供し、健康意識の底上げにつなげる狙いがある。対象は20歳以上の市民で、アンケートや運動効果を調べるための測定会に参加できることが条件。歩数測定やポイントをためるのに使用する活動量計は無償貸与する。

 ポイントの例は▽1日の歩数が各年齢ごとに設定した目標をクリアすると5ポイント▽体脂肪測定で50ポイント▽市が指定する健康や食生活プログラムに参加すると20ポイント▽健診受診で600ポイント―など。活動量計のデータは、市役所や市体育文化センターといった公共施設や、コンビニ、大型スーパー、スポーツジムなど市内36カ所に設置する端末で読み取り、ポイントがたまる。

 取り組みは来年3月末までで、5月ごろに1ポイント0.4円として市内店舗で利用できる商品券(最大2千円分)と交換できる。一般募集の定員は200人で、応募多数の場合は抽選となる。市健康推進課は「市民の運動意欲や健康への関心を高める機会にするだけでなく、参加者の活動の成果のデータも集めて、市の今後の健康づくり事業にも生かしていく」としている。申し込み、問い合わせは同課023(672)1111内線197。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から