【モンテ】始まる、真夏の5連戦 きょう8日ホーム京都戦

2020/8/8 10:18

[PR]
 サッカーJ2は第10節第1日の8日、各地で9試合が行われる。モンテディオ山形は午後7時から天童市のNDソフトスタジアム山形で京都と対戦する。7試合連続で勝利がない苦境の中、真夏の5連戦がスタート。無得点の結果が続く山形は、シュートを狙う積極姿勢を貫きたい。

 山形は7日、非公開練習で調整した。前節のアウェー徳島戦は序盤から守勢に回り、一度はリズムをつかんだが0―1で敗戦した。第3節以降に白星がなく、通算成績1勝5分け3敗で順位は19位。

 一方の京都は昨季上位争いに加わったが、年間8位でプレーオフ進出を逃した。コーチから昇格した実好礼忠(さねよし・のりただ)監督が指揮を執る今季、J1得点王にも輝いたFWピーター・ウタカをはじめ、元日本代表のFW李忠成やDF森脇良太といった実績のあるベテランを獲得した。

 第2節以降の5試合連続負けなしで勢いに乗り、ホームで迎えた前節は町田を1―0で下した。通算成績4勝3分け2敗の5位と好調を維持。ウタカらを軸にした基本陣形は3―5―2で、DFヨルディ・バイスが加わるセットプレーには迫力があり、サイドの突破は武器の一つだ。

 山形は直近3試合が無得点で、前節はバランスや攻撃を優先し、途中から4バックに変更した。流れを一変させた要因にもなり、石丸清隆監督の陣形の選択にも注目が集まる。過酷な5連戦を「未知の領域」と見据えたMF中村駿は「結果を出すことによって選手の動きもどんどん変わってくる」と語った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]