県内ニュース

阿部(山形中央高)2種目優勝 女子100・200、山形陸協の記録会

2020年08月03日 09:47
〈女子200メートル〉強い向かい風の中で独走し、頂点に立った阿部璃音(山形中央高)。前日の100メートルと合せて2種目を制した=天童市・NDソフトスタジアム山形
 山形陸上競技協会の記録会「アスリート サマートライアル やまがた2020」は1、2日、天童市のNDソフトスタジアム山形で短距離や投てきなどの各種目を行い、女子200メートルは阿部璃音(山形中央高)が24秒96で制し、12秒00だった100メートルと合せて2種目で頂点に立った。

 男子砲丸投げ(高校)は1年生の東海林慎也(山形中央高)が14メートル50で1位となり、同棒高跳びでは犬飼匠(同)が4メートル90で制した。

 新型コロナウイルスの影響で中止になった県強化記録会などの主催大会に代わる、県レベルでの競技会として開催。中学3年生以上が対象で、長距離や競歩種目は7月23日に行った。

群抜く強さ「想定通り」
 ○…強さは群を抜いていた。女子200メートルを制した阿部璃音(山形中央高)だ。強い向かい風の中で唯一24秒台をマークし「まずまずの走りができた」。課題だった序盤でスピードに乗って後半の加速につなげるなど、成長を実感するレースに3年生の表情はにこやかだ。

 スタートは得意ではない。だからこそ「そこに集中してレースに臨んだ」と本人。タイミングや手足の動作など、細かい組み立てを意識しながら力みなく一気に飛び出し、流れよくギアを上げた。「イメージ通り」。後半は2.1メートルの向かい風に苦戦したが、「条件が悪い中でそれなりの結果を出せたことは今後につながる」と納得顔だ。

 前日の100メートルは自己ベストの12秒00で走り抜けた。全国で戦う手応えをつかんだからこそ、秋に予定されているU18日本選手権に懸ける思いは強い。「インターハイでかなえられなかった全国入賞をつかみたい」。新たな目標に向かって意欲はみなぎるばかりだ。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から