県内ニュース

流れ生かせず、7戦勝利なし 後半に陣形変更、反転攻勢するも競り負け

2020年08月03日 09:32
〈徳島―山形〉前半、CKで得点を狙う山形のFW大槻周平(左から2人目)ら=徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
 サッカーJ2は第9節の2日、各地で9試合が行われた。モンテディオ山形は徳島県鳴門市の鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで徳島と戦い、0―1で敗れた。7試合連続で白星がなく、通算成績は1勝5分け3敗。順位は19位のまま。

 中3日の連戦で、山形は先発4人を入れ替えた。攻め込まれた前半は相手の逸機に救われ、0―0で折り返した。後半開始と同時に3人が交代出場。主導権を取り戻したものの、29分に右サイドを崩されて得点を許した。

 このほか、3連勝中だった首位の長崎は東京Vと0―0で引き分け、勝ち点23とした。

 山形の次節は8日、天童市のNDソフトスタジアム山形で京都と対戦する。

 【評】山形は後半に反転攻勢に出たものの競り負けた。両監督の采配で大きく動いた一戦。陣形を変更してきた徳島に序盤から主導権を握られた。同点だった折り返しに3選手を交代し、4―4―2に陣形変更。思い切った方針転換で流れをつかんだが、局面ごとの技術は相手が一枚上手で、後半29分にワンツーパスを起点に得点を許した。

3選手同時投入、はまったが…
 石丸清隆監督の話 相手との立ち位置にずれがあり、陣形の可変で数的優位の状況をつくられた。(3人だった)センターバックを押し出そうと、荒療治だったがシステムを変更した。(3選手の同時投入は)戦術的に変えるための交代。うまくはまったが、最終的に点を取りたかった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から