県内ニュース

世を明るく「お絵描きちょうちん」 山形の電気工事会社が企画

2020年07月13日 22:30
市民にお祭り気分を味わってもらおうと、子どもが絵を描いたちょうちんが飾られた=山形市城西町4丁目
 新型コロナウイルスの影響により各地の夏祭りが相次いで中止になる中、山形市城西町4丁目の電気工事会社が市民に祭り気分を味わってもらおうと、子どもたちに絵を描いてもらったちょうちん計44個を本社社屋に飾り13日夕、点灯式を行った。8月16日までの毎日、午後6~10時ごろに点灯させる。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 同市の城北電気工事(伊藤誠社長)が「お絵描きちょうちん祭り」と題し企画した。ちょうちんは電気式で、地元の城西町第二町内会の協力を得て、町内と社員の子ども計44人が1灯ずつ、アニメのキャラクターなどを自由に描いた。中には「スキー大会で1位をとる」「いつも元気だよ」といったメッセージを書いた子も。ちょうちんは幹線道路に面した社屋東側に並べて掲げた。

 点灯式ではカウントダウンの後、ちょうちんの電球に光がともされ、集まった子どもや保護者、町内会役員から歓声が上がった。伊藤社長は「町内の方や通行する人に元気や勇気を与えたい」とあいさつ。共に山形七小6年の板坂優雅君(11)は「光がともるときれい」、林谷さくらさん(12)は「暗い話題が多い。これを見て少しでも明るくなってほしい」と話した。

 同社は毎年、山形花笠まつりの電飾設置を手掛けている。今年は花笠が中止になったが、自社の技術を生かして地域に役立つ活動を検討した結果、社員から今回のアイデアが出た。

関連写真

  • 市民にお祭り気分を味わってもらおうと、掲示された子どもが絵を描いたちょうちん=山形市城西町4丁目
  • 市民にお祭り気分を味わってもらおうと、掲示された子どもが絵を描いたちょうちん=山形市城西町4丁目

おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から