モンテ、水戸と1-1で分ける 感染対策の中、2304人が観戦

2020/7/11 21:48
〈山形―水戸〉選手入場時、タオルなどを広げ応援する山形サポーター=天童市・NDソフトスタジアム山形

 サッカーJ2・モンテディオ山形は11日、天童市のNDソフトスタジアム山形で水戸と対戦し、1-1で引き分けた。新型コロナウイルスの影響で中断して以降初めて、観客を入れて行われ、2304人が観戦した。

 政府の緩和指針に従い、Jリーグ公式戦では10日以降に順次、各会場で最大5千人の観客を受け入れている。感染対策として入場口での検温やマスク着用を義務付け、応援行為が制限された。試合は後半14分、FW渡辺凌磨が先制点を挙げたが、同22分に追いつかれた。通算成績は1勝2分け1敗で、順位は13位のまま。

 次節は15日、ホームで群馬と顔を合わせる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]