県内ニュース

コレラ流行時の印判見つかる 遊佐・鳥海山大物忌神社

2020年07月09日 21:22
遊佐町の鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮で見つかった印判と、頒布しているお守り
 明治初期に国内で流行したコレラの収束を祈願して作られたとみられる印判が、遊佐町の鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮で見つかった。同神社では、新型コロナウイルス感染症の収束を願って、当時のように、この印判を押したお守りを参拝者に販売している。

 今年5月下旬、神職数人が倉庫で作業中、古い社務日記を見つけた。「明治13年6月27日」のページに「鳥海山疫病除御守」の印が押されていた。日記の近くには縦5センチ、横1センチほどの印判もあった。筆で書かれていた内容は読解できなかったが、当時の出来事を調べたところ、飽海郡でコレラの感染が拡大していたことが分かった。

 印判は当時の神職らが、コレラの収束を願って作ったとみられ、新型コロナウイルスに対しても、同じご加護を得ようと、この印判をそのまま使用したお守りを復刻させた。高橋広晃宮司(65)は「新型コロナウイルス感染症が拡大しているタイミングで見つかったのは何か縁がある。無事収束するはずだ」と話した。お守りは初穂料500円で、郵送も受け付けている。問い合わせは同神社0234(77)2301。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から