県内ニュース

愛車のエアバッグをエコバッグに 丈夫で軽量、山形の企業が無料提供

2020年07月04日 11:48
使用済み車のエアバッグを活用して作ったエコバッグ
 全国の小売店に義務付けられたレジ袋の有料化を踏まえ、使用済み自動車部品の再資源化に取り組む県自動車販売店リサイクルセンター(山形市、遠藤栄次郎社長)は、乗り終えた車のエアバッグを再利用して作るエコバッグをドライバーに無料で提供するサービスを始めた。日用品に生まれ変わった“愛車”を大切に使い続けてもらうことで、環境意識の啓発を図る。

 県内全自動車ディーラーでつくる同社はこれまで、使用済み車のエアバッグやシートベルトによる製品を開発し、ナップサックや巾着、エコバッグなどを販売している。これらは県のリサイクル認定製品に選ばれている。

 車に搭載されるエアバッグはパラシュートに匹敵する強度があり、再利用して作るエコバッグは丈夫で軽く、重い荷物も入れられるなど買い物に適しているという。通常は千円程度で一般販売しているが、今回のレジ袋有料化を受け、車を買い換える人のほか高齢などを理由に車を手放す人らを対象として“マイカーエコバッグ”を無料でプレゼントすることとした。

 肩にかけられる大きめのサイズで、折りたたんで持ち運べる。同社の菅原弘紀専務は「愛着ある車の部品をマイバッグとして有効に使ってもらい、地球温暖化防止にも協力してもらえれば」と話す。希望者は県内各ディーラーへ、問い合わせは自動車販売店リサイクルセンター山形事業所0237(42)2411。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から