県内ニュース

東北・新潟の観光応援、DCに弾み 推進機構がサイトスタート

2020年07月04日 11:21
東北と新潟県の観光関係者が動画でご当地PRを行う
 東北観光推進機構(松木茂会長)は新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ観光需要を回復させようと、特設サイト「東北・新潟応援!絆キャンペーン~旅を楽しもう」をスタートさせた。来年4~9月の東北デスティネーションキャンペーン(DC)に弾みを付けたい考えだ。

 東北・新潟7県のモデルコースや観光・体験、グルメ、イベントなどを網羅。観光施設やDMO(観光地域づくり推進法人)が展開する商品コーナーでは、あまり知られていないコンテンツ、新たな企画も紹介する。本県なら置賜地方の5酒蔵杜氏(とうじ)とのオンライン飲み会、岩手なら漁師の船に乗って養殖いかだを見学するツアーといった具合だ。

 20スポットの自然や文化、名産を紹介する動画を配信。東北観光親善大使のロックバンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」の曲に乗せて観光関係者が登場し、色紙にメッセージを寄せてPRする。

 東日本高速道路が実施するスタンプラリーと連携したり、列車の周遊パスを紹介したりしてエリア内での周遊観光を促す。観光客にコロナ対策を呼び掛けるポスターを作製、マスクケースの配布も計画している。

 松木会長は「観光は広域で施策を打つのが効果的。東北と新潟が一体になって進めたい」と話す。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から