県内ニュース

旧長井小第一校舎、新たに展示室とカフェ 歴史学べて一息つけて

2020年07月04日 10:22
舟運で栄えた長井の成り立ちや産業の変遷などを紹介する展示室=長井市・旧長井小第一校舎
 長井市の旧長井小第一校舎(国登録有形文化財)で3日、長井の歴史や産業を紹介する展示室と飲食提供開始のオープニングセレモニーが行われた。昨春の開館から約8万人の来場者を集める人気の交流拠点に、新たな魅力が加わった。

 展示室は約80平方メートルで「最上川舟運以降のまちの移り変わり」がコンセプト。目玉は、長井の成り立ちと産業の変遷を約5分間に凝縮させたオリジナル映像だ。舟運で栄えた江戸時代から現在まで、徐々に街並みが形成されていく過程を分かりやすく紹介。養蚕業の隆盛や製造業の誘致など、当時の資料も交えて展示している。

マフィンやスコーンなど全て手作りでテークアウトもできる「MANY’S CAFE」=長井市・旧長井小第一校舎
 一方、ドリンクと軽食を提供する「MANY’S CAFE(メニーズカフェ)」は、フリースペースに開設。市内で「カフェ・ダイニング・SENN(セン)」を運営する二四三(ふじみ)屋(岩瀬義和社長)が運営し、全て手作りでテークアウトもできる。東京五輪・パラリンピックに向けた同市のホストタウン対象国のコラボメニューとして「タンザニアコーヒーゼリー」と、リヒテンシュタインからベリー系ソースたっぷりの「ローテ・グリュッツェアイス」も用意した。

 セレモニーで内谷重治市長は「展示室で長井の成り立ちに触れてもらい、文化的景観などへの関心を高めたい」とあいさつ。岩瀬社長は「たくさんの人に来てほしいとの思いを店名に込めた。にぎわい創出に貢献したい」と述べた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から