県内ニュース

「森林サービス産業」モデル地域に上山市 林野庁の補助事業、東北唯一

2020年07月04日 09:20
PR
 上山市は3日、林野庁が2020年度の補助事業として公募した「森林サービス産業」モデル地域に選出されたと発表した。全国7地域が選ばれており、東北では唯一。支援対象期間の来年2月末まで、国の支援を受けながら、市と市温泉クアオルト協議会が提案した、森林資源を生かした企業のメンタルヘルス対策をサポートするツアーや滞在プログラムの商品化を目指す。

 「森林サービス産業」は、その地域が持つ森林空間を活用し、健康や教育、観光といった多様な分野で新たな産業を生み出すもので、同庁と国土緑化推進機構が昨年2月に提唱した。この取り組みを推進し、事業やプログラムを創出する「モデル地域」を今年5月に初めて募集。全国24地域から申請があり、上山を含む7地域が選ばれた。

 市と同協議会が提案したのは「メンタルヘルスをテーマとした企業等の健康経営支援」と題したプラン。企業などで課題になっているメンタルヘルス対策として、市で展開するクアオルト健康ウオーキングや、里山での森林浴、森林ヨガを取り入れたツアー・滞在プログラムを開発。市全体で受け入れ態勢を整え、県内外の企業の健康経営の実現と交流人口拡大による地域活性化につなげる。

 採択を受け市は、国からの資金補助や専門家派遣などを活用し、ワークショップやモニターツアーなどを重ねる。臨床心理士の協力も得て、森林で多くの時間を過ごすことで心身両面でどのような効果が得られるかなども調査し、より魅力的なツアーを企画して商品化させ、県内や近県、首都圏の健康経営促進企業に対して提案していく。

 市市政戦略課は「国の支援を最大限に生かし、市が誇る森林資源を存分に活用した他地域に先駆けた取り組みを提案していく。県内外の企業の健康づくりの拠点となる環境整備にも努め、市が掲げる『心と体が潤う街』の実現を目指す」としている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から