県内ニュース

「土平の大杉」守り継ぐ 南陽市の天然記念物、住民が整備

2020年06月30日 14:49
横に大きく張り出した枝の隙間から木漏れ日が差し込む。幻想的な光景は知る人ぞ知る写真のスポットにもなっている=南陽市竹原
 南陽市竹原に推定樹齢700~800年とされる「土平(どだいら)の大杉」がある。市の天然記念物に指定されて半世紀近くになるが、人目にあまり触れることなく、地域住民がひっそりと守り継いできた。28日には下草刈りなど、周辺の整備が行われた。

 梨郷村史によると、大杉は平家の落人が、自分の屋敷に山の神を祭ったお堂の神木として植えたと伝えられている。樹高25メートルで、幹回りは6.5メートル。横に大きく張り出した枝の間からは木漏れ日が差し込み、露にぬれた周囲と相まって、幻想的な雰囲気を醸し出している。1972(昭和47)年に市が天然記念物に指定した。

 管理は近くの山之内地区(堀之内昭二地区長)が行っている。28日には朝から、住民4人が大杉に続く参道の下草刈りや清掃などを行った。堀之内地区長は「大杉は地区の守り神。変わらぬ形で後世に伝えていきたい」と話していた。

関連写真

  • 参道の下草刈りを行う地域住民。土平の大杉を守り継ぐため汗を流す
  • 大杉のそばにはお堂があり、中にはご神体が祭られている

おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から