県内ニュース

“悪運断ち斬る”仙台・秋保神社で抜刀会 天童で道場主宰・阿部さん

2020年06月29日 12:20
境内には多くの勝ちのぼりが立ち並ぶ
 「勝負の神」として知られる仙台市の秋保神社で28日、悪運や疫病神を断ち斬る抜刀会が開かれた。真剣を振るうのは、天童市に道場を構える抜刀道家の阿部吉宏さん(41)。合格や商売繁盛祈願、新型コロナウイルス収束などさまざまな思いを受けて巻きわらを一刀両断した。

 同神社で毎月開催される「祈願と感謝の日」プログラム。「悪運斬り」という名称とは裏腹に、依頼者はその道で成功している実業家など「より高みを目指すセレブも多い」(阿部さん)。祈祷(きとう)代などを含み2万2千円と高額にもかかわらず、毎回定員の28人に達するという。

悪運を封じ込めた巻きわらを斬る阿部吉宏さん=仙台市・秋保神社
 ピーンと張り詰めた和楽殿に、黒い道着姿の阿部さんが登場。祈願者全員の名前が書かれた半紙を、3畳分を使った直径約20センチのわらに巻き付け準備完了だ。阿部さんが真剣を振り下ろし、悪運を封じ込めた巻きわらをぶった斬ると、見物客から喝采が起きた。

 女優でもある門下生「勝負の姫君」の風谷南友(かぜたになゆ)さんが斬り込んだわらは、勝ち運が宿るお守りに。阿部さんの手ほどきを受けて祈願者本人が斬る体験企画もあり、6回目という東京都足立区、コンサルタント井殿(いどの)康宏さん(67)は「仕事がうまくいっている感謝を込め通っている。これまで斬ったわらを束ねて魔よけにしようかな」と話した。

 同神社は室町時代から「戦の神」として崇拝され、現在は受験や選挙、部活での必勝祈願先として信仰を集める。プロゴルファーや格闘家も参拝するといい、境内には勝ちのぼりがはためている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から