県内ニュース

藤崎山形店に人気3ブランド 3階にもフロア拡大

2020年06月25日 10:09
藤崎山形店は3階にもフロアを拡大し、破産した大沼に入居していた「ホットマン」「ワコール」「フォンテーヌ」の3ブランドが入る=山形市・アズ七日町
 山形市のアズ七日町1階に入居する百貨店「藤崎」の山形店が25日、3階にもフロアを拡大する。3階フロアには旧大沼山形本店で固定客の多かった下着「ワコール」、タオル「ホットマン」、ウィッグ「フォンテーヌ」の3ブランドが新たに入居。大沼の破産によって行き場を失った客から要望が多く、人気の高かった3ブランドの新規出店が決まった。

 拡大フロアは事務所や雑貨店だった約200平方メートルを活用。衣料品や食品がメインの1階に対し、3階は女性の暮らしを豊かにする生活用品を集めた。

 ワコールは下着、パジャマをそろえ、百貨店でしか購入できない高品質な商品が並ぶ。ホットマンは吸水性抜群の「1秒タオル」やパジャマ、バスローブを用意。フォンテーヌはおしゃれな女性用ウィッグを販売し、個室のフィッティングスペースも設けた。

 3ブランドとも大沼入居時のスタッフ計10人程度がそのまま勤務し、24日は開店準備に追われた。ホットマン山形店の大塚京子店長は「(大沼の突然の閉店で)お客さまにお別れと感謝を伝えられず、申し訳なかった。久しぶりに会うのが楽しみ」と語った。

 藤崎山形店は2015年、アズ七日町1階北側に売り場面積約490平方メートルでオープン。ネット通販が普及する中、リアル店舗の規模を拡大した。藤崎の遠藤嘉門山形店長は「百貨店利用客層は、ネットより店舗での購入を求める方が多い。触れる、着られるという強みを生かし、需要に応えたい」と話した。

 オープン記念として藤崎は、いずれかのブランドで1100円以上の買い物をした先着100人に記念品を贈呈。各ブランドも記念品や特価品を用意する。藤崎山形店の営業は午前10時~午後6時、アズ七日町は午後7時まで。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から