県内ニュース

ボルダリングで健康に、仲間づくりも 山形、ジムが割り引き企画

2020年06月21日 13:05
気軽に取り組めて、ゴールした時の達成感が魅力というボルダリング。「BOULDERING HOUSE358」では、料金を割り引くユニークなキャンペーンを始めた=山形市
 ボルダリングを健康と仲間づくりのきっかけに―。山形市千歳1丁目のボルダリングジム「BOULDERING HOUSE(ボルダリングハウス)358」が20日、該当市町村ごとに在住、在勤、在学者の利用料金を割り引くキャンペーン「(3)サヨナラ (5)コロナ太り (8)ハローボルダリング」を始めた。訪れた人たちは、自分のペースで壁をよじ登り、心地よい汗を流していた。

 同ジムは2017年にオープン。キャンペーンは、新型コロナウイルスの影響で遠出がしにくい中、体一つで気軽に楽しめるボルダリングの魅力を県内各地の人に伝えたいと、オーナーの杉本修平さん(42)が企画した。山形市売上増進支援センターY―biz(ワイビズ)のアドバイスで、特典が受けられる期間を市町村ごとに設定。地域交流を深めてもらおうという狙いもある。

 期間は▽20~27日=最上8市町村、尾花沢市、大石田町▽28日~7月3日=置賜8市町▽7月4~10日=庄内5市町▽7月11~17日=朝日、大江、西川の3町―と定めた。これまでの利用が少ない市町村の在住、在勤、在学者を対象に、それぞれ500円を割り引く。

 ジム名にある数字(3、5、8)をキャンペーン名に語呂合わせしたことにちなみ、県内在住者で名前に「三」「五」「八」が付く人も同様の特典が受けられる(併用不可)。7月18~26日は、山形市など周辺9市町の人向けに同市の飲食店と連携した特典を用意した。先着計358人。

 通常の利用料金はビギナーパックが大人2600円、大学生2300円、高校生以下2千円。問い合わせは同ジム090(2982)7498。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から