県内ニュース

ハイヤーセンターが破産へ・鶴岡 外出自粛で利用激減響く

2020年06月05日 07:31
PR
 タクシー業のハイヤーセンター(鶴岡市、川村安明社長)は4日までに事業を停止し、破産申請の準備に入った。営業不振が続いていた上に、新型コロナウイルスの影響で利用客が激減したことが要因とみられ、負債は1億円を上回る見通しとなっている。

 新型コロナ関連の倒産は県内2例目となる。

 同社は1966(昭和41)年設立で、85年に同業2社と合併した。東京商工リサーチ山形支店や帝国データバンク山形支店によると、鶴岡市や三川町に営業所を構え、最盛期の売上高は4億円以上だったが、景気低迷などで客数が減少。乗り合いタクシーや介護タクシーを配備するなどして業績維持を図ったものの、2019年は売上高が約1億3800万円に落ち込み、約900万円の赤字決算となった。さらに新型コロナに伴う外出自粛で需要が大幅に減ったことなどから、事業継続を断念したとみられる。

 事業停止は5月31日付。代理人弁護士によると同日時点で車両台数は約10台、従業員数は20人だった。

 東京商工リサーチ山形支店は「台数規模にかかわらずタクシー業界は大変だろう。緊急事態宣言が解除されても客足が戻る見通しが立たず、末端消費に直結する商売は厳しい状況にある」とし、今後も同様のケースが出てくる可能性があるとみている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から