県内ニュース

動画で学ぼうドイツ語 東根市国際交流員・ベレツノイさんが先生

2020年06月03日 14:22
ドイツ語のあいさつなどを動画で紹介しているベロニカ・ベレツノイさん(右)=東根市役所
 地域の国際化に向け、ドイツとの国際交流を加速させている東根市は、市民にドイツ語を学んでもらうための動画配信を始めた。市の国際交流員ベロニカ・ベレツノイさん(30)が出演し、ドイツ語の基本などを紹介。2週間に1回のペースで計4回の配信を予定している。

 東根市は独インゲルハイム市との姉妹都市連携を目指して交流を推進。東京五輪・パラリンピックでは「共生社会ホストタウン」の対象国となるなど、ドイツとのつながりを深めている。

 昨年、シッティングバレーボールの同国代表チームが来県した際、市民が駅で出迎えるなどしたことに触れ、「おもてなしの心を感じた」とベレツノイさん。一方で「『ドイツ語のあいさつを教えて』と言われることがたくさんあった。あいさつだけでも覚えてもらえればお互いの理解がさらに進む」と、動画制作をスタートさせた。

 「ベロニカの簡単ドイツ語レッスン」の初回動画では、ベレツノイさんがドイツ語アルファベットの発音などを分かりやすく紹介。近く公開する第2回では、夫のアルネさん(39)も出演し、「guten morgen(おはよう)」「guten tag(こんにちは)」といったあいさつの発音を説明している。

 市交流推進課は「ドイツ語に興味を持ってもらい、交流の役に立ててもらえれば」としている。動画は投稿サイト「ユーチューブ」の東根市公式チャンネルで公開。市のホームページでは近く、ドイツ語の文法などを説明した資料を掲載する。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から