県内ニュース

県の「お出かけ」クーポン企画、反響大 今月中旬「セット」も登場

2020年06月03日 10:26
PR
 県が新型コロナウイルスの影響で深刻な打撃を受けた観光業を支えようと展開する「県民県内お出かけキャンペーン」で、用意した割引クーポンの約7割が販売済みとなっていることが2日、県のまとめで分かった。宿泊施設が対象の「県民泊まって応援キャンペーン」も、3万枚の枠に対し約8万件の応募があり、関心の高さがうかがえる。

 吉村美栄子知事が同日の定例会見で説明した。「お出かけ―」は2000円分使えるクーポンを1000円で販売する仕組みで、購入した店舗でのみ利用可能。立ち寄り観光施設356カ所が参加し、先月15日から段階的に販売してきた。県観光立県推進課によると今月1日現在、約200カ所で完売しているという。県境付近や営業自粛が続いていた観光地では販売が伸び悩んでいるところもあるが、吉村知事は「営業の本格化に伴い客足が戻ってくると考えている」とした。利用期間は購入から半年以内で、最終期限は来年3月31日。

 「泊まって―」は1万円以上のプランで5000円の割引が受けられる。対象は旅館、ホテルなど317施設で、施設規模に応じて受け入れ人数の枠を設定した。希望の宿を指定して応募する仕組みで、枠に達さなかった宿の分は、枠を超えた宿に再配分して抽選。当選者には今週中にクーポンの発送を予定している。

 一方、県内の旅行代理店による「お出かけ」と「泊まって」をセットにした旅行商品も6月中旬から応募を受け付ける。2万枚を用意し、県観光物産協会は参加する施設や旅行代理店を募集している。締め切りは「泊まって」が5日、「お出かけ」が10日。詳細は県の観光情報ポータルサイト「やまがたへの旅」(http://yamagatakanko.com/)で確認できる
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から