県内ニュース

収束願って遊佐でも花火打ち上げ 全国一斉に

2020年06月01日 23:22
新型コロナウイルスの収束を祈願して打ち上げられた花火。地域住民が希望を胸に見つめた=1日午後8時2分、遊佐町白井新田
 新型コロナウイルス感染症の収束を願い、1日午後8時、本県遊佐町や札幌市、横浜市など各地で花火が一斉に打ち上げられた。花火業者の有志が企画し、感染防止のため、打ち上げ会場に人が集まらないよう、事前に場所を公表せずに実施した。
[動画付き記事 動画はコチラ]

 日本煙火協会(東京)青年部に属する業者の有志が「悪疫退散」を祈願し、見る人に笑顔になってもらいたいと「チアアップ!花火プロジェクト」を企画した。集客はせず、打ち上げは5分間以内などのルールを設け、全国に参加を募った。

 遊佐町白井新田では安藤煙火店(酒田市、安藤周一社長)が3号玉と4号玉合わせて約30発を打ち上げた。地区内の藤井公民館駐車場には近くの人がマスクを付けて訪れ、花火が次々に上がると「おおー」「たまやー」といった歓声が上がった。全て打ち上がると自然に拍手が湧き起こった。時間は3分ほどだったが、近隣住民はこれまでの“コロナ疲れ”を癒やされたようだった。

 看護師那須有美さん(41)は「全国のみんなが元気になるようにと願った。すごく感動したし、自分も元気をもらえた」と笑顔で話した。杉の子幼稚園年長の金野悠祥(こんのゆうしよう)君(5)は「カラフルで、どんどん上がるところが楽しかった」と興奮した様子だった。

花火を見つめ感動のひとときを過ごした家族=1日午後8時5分、遊佐町白井新田
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から