県内ニュース

ついに名前決定「そばにーるくん」 大石田町のそばキャラ、誕生は18年前

2020年06月01日 14:37
名前が決まった「そばにーるくん」(大石田町提供)
 そばの里大石田町で2002年に誕生して以来、ずっと名無しだったキャラクターがついに「そばにーるくん」と命名された。東北芸術工科大生が2年前、名前の候補を募って町に提案したことがきっかけ。そば店関係者は「県内でそばのキャラクターはほかにないだろう。これを弾みに盛り上げていきたい」と喜んでいる。

 18年前、かおり風景100選大石田町そば推進協議会がキャラクターを公募し、全国から700点もの作品が寄せられた。舟運の町でもあり、そばに加えて帆を張った舟や最上川をモチーフにした作品が選ばれた。その後観光パンフレットなどに使われてきたが、名前は与えられなかった。

 しかし、2年前に山形市で開催された「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018」で、東北芸術工科大生が県内のキャラクターをテーマにした企画を開催。そばキャラクターの名前を募り、候補として挙がった66点を町に提案した。

 町側は昨秋の新そばまつりで66点を対象とした投票を実施した。今年5月の同協議会役員会で、投票で3位となり2年前の企画で賞を得ていた「ソバニールくん」に決まった。名前には「煮る(ゆでる)」と「そばにいる」の二つの意味が込められている。商標登録の関係で平仮名に変わったが「かわいらしい」と好評だ。

名無しの状態でもそば店の法被にデザインされるなどして使われてきた=大石田町
 そばにーるくんは誕生以来、まさにすぐそばにいた。町内のそば店でつくる大石田そば街道振興会(芳賀清会長)は法被にこのキャラクターをデザインするなど大切に扱ってきた。芳賀会長は「宝の持ち腐れとならなくて良かった。これまで以上に活用していきたい」と話している。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から