県内ニュース

中学総体、9地区が中止 感染、けがのリスク考慮

2020年05月30日 08:16
PR
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、6月に予定されていた各地区中学総体が相次いで中止に追い込まれている。県内11地区の中学校体育連盟のうち、29日までに山形など9地区の中体連が中止を決めた。全国大会を含む上位大会が軒並み中止となったことに加え、大多数の地区が大会を断念したことで多くの中学生の活躍の場が失われた格好だ。

 7月の県中学総体は既に中止が決定。予選を兼ねた地区総体は、各地区中体連が開催の可否を判断することになっている。

 中止となったのは飽海、北村山、西村山、東村山、山形、上山、東置賜、西置賜、米沢の9地区。各中体連によると、大会を実施した場合の感染リスクに加え、部活動が制限されていることで、練習不足によるけがの危険性などを考慮したという。一部の地区では対外試合の解禁状況などを踏まえ、何らかの成果発表の機会を設けたいとしている。

 一方、田川と最上は7月下旬を軸に開催を検討している。最終学年の3年生を中心に、これまでの生徒の練習成果を発揮する機会を用意したいとの理由。両地区とも、県内の感染状況や部活動の実施状況を踏まえ、6月末までに結論を出す方針だ。

 特殊事情の中、感染やけがのリスクなどをにらみながら各地区ごとに難しい判断を迫られた。ある地区の理事長は「大会をやらせてあげたい気持ちと、感染が収まらない社会情勢との折り合いをつけるのに頭を悩ませた」とし「中止となった地区では悔しがり、苦しむ生徒がいるだろう。しっかりと様子を見守り、励ましていきたい」と語った。

◆中学総体・11地区の対応
【地区名】 【決定内容】
飽海    中止
田川    延期開催を検討
最上    延期開催を検討
北村山   中止
西村山   中止
東村山   中止
山形    中止
上山    中止
米沢    中止
東置賜   中止
西置賜   中止
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から