県内ニュース

「ここは安心、安全」共に発信 観光・飲食・宿泊業者支援にプロジェクト

2020年05月29日 13:06
「3密対策店舗」認証事業所のステッカーを手にする川口恭史会長=上山市皆沢
【上山】3密対策の認証ステッカー
 上山市の観光関係者らが、新型コロナウイルス感染防止対策に努める市内の観光施設や旅館などを「3密(密閉・密集・密接)対策店舗」として認証するプロジェクトをスタートさせた。ガイドラインを守る事業所に統一ステッカーを配布、店頭に掲示してもらい、観光客の安心と「安全な上山」のPRにつなげる。

 「かみのやま3密対策プロジェクト」と題した取り組みは、市観光果樹園協議会(川口恭史会長)が発案した。コロナ対策の独自のガイドラインを作成。安心して訪れることができる環境を整えようと他の団体に参加を呼び掛けた。

 現在▽かみのやま温泉旅館組合▽上山菓子組合▽市観光物産協会―などが参加。アルコール消毒やマスク着用、こまめな換気といった基本対策のほか、業種の実情に応じたガイドラインを各団体が作成。その内容に沿って対策した事業所にステッカーを届けている。

 ステッカーは目を引く赤い正円形で「かみのやまガイド 密ナシュラン 3密対策店舗」の文字と、上山のシンボル「サクランボ」「温泉」「かかし」をアレンジしたイラストを掲載している。川口会長は「飲食店など幅広い業種にも呼び掛けながら取り組みを広げ、安全な上山を発信していきたい」と話している。

鶴岡市の若手経営者らは共通ポスターやステッカーで感染予防の取り組みをPRする=鶴岡商工会議所
【鶴岡】感染予防のPRグッズ
 新型コロナウイルスの感染拡大で疲弊している鶴岡市内の飲食・宿泊業などの支援に向け、市内の若手経営者が28日、「つるおか元気プロジェクト」を立ち上げた。ポスターなど感染予防の取り組みを伝えるPRグッズを作成。店内外に掲示し、地域一丸となって安全意識を高めていることをアピールする。

 経営者10人を中心に市食文化創造都市推進課と鶴岡商工会議所、出羽商工会が参画した。消毒液の設置や従業員の健康管理など五つのルール順守を前提に、申請のあった事業所を「つるおか元気安全推進実施店」として登録。ポスターやステッカーを無償提供する。

 共通のロゴは食文化創造都市の文字と、五つのルールを意味する星の絵を配し、明るいオレンジ色でデザイン。せきエチケットなど、利用客への予防喚起を盛り込んだポスターもある。数量限定でのぼり旗も販売する。

 長南邦彦実行委員長(長南牛肉店社長)は「事業者も利用者も一体となって鶴岡を早く元気にしていきたい」と意気込みを語った。第1次募集期間は6月1~15日。その後も受け付けを継続する。問い合わせは事務局の同商議所0235(24)7711。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から