岩谷産業、中山に新工場 大阪のLPガス大手、山形から移転

2020/5/23 15:06

[PR]
 LPガス大手の岩谷産業(大阪)は22日、中山町の「なかやま西部工業団地」に新工場を建設すると発表した。山形市漆山にある山形LPGセンターの老朽化に伴い移転新築し、年内の稼働を目指す。

 分譲面積は約4800平方メートル。LPガスの家庭用ボンベへの充填(じゅうてん)を手掛ける。6月以降に着工し、年内完成を見込んでいる。新たにLPガスを使った非常用発電機を設置するなど、災害に強い基幹センターと位置付ける。これで東北6県全てに基幹センターの設置が完了。災害発生時の安定供給態勢を強化する。

 26日に中山町土地開発公社と契約調印を行う。なかやま西部工業団地の分譲率は7.3ポイント上昇し、85.3%となる。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]

県内ニュース最新一覧

[PR]