県内ニュース

部活動、6月1日再開へ 県教委・県立校の運営方法公表

2020年05月22日 07:31
PR
 新型コロナウイルス感染症への対応に関し、県教育委員会は21日、県立学校(高校や特別支援学校)の部活動を原則6月1日から再開するなど今後の学校運営方法を公表した。授業は夏休みの短縮や放課後の活用で年内に遅れを取り戻す考え。運動会や文化祭、修学旅行は延期とし、実施方法について各学校で検討するとした。

 部活動は、授業計画や時差通学、生徒のコンディションなど実施に向けた調整が図られた学校は早ければ今月25日から認める。当面は平日2日(1~2時間)と土日いずれか1日(2~3時間)の週3日以内の活動とする。ただし、集団による室内での合唱、近距離で組み合ったり接触したりする運動は行わない。

 授業時間の確保に向けては▽夏休みを2週間程度短縮▽平日の放課後に補充授業を実施(週2日程度、1時間分を増やす)▽学校行事の期間短縮や規模縮小―の対応を組み合わせる。現時点での県教委の試算では、これらの対応を行うことで年内には授業時間の遅れが取り戻せる見通し。

 学校行事は生徒同士の学び合いの機会を考慮し、当面の間、中止ではなく延期とし、3密(密閉、密集、密接)の対策を踏まえた実施方法を検討する。県内での宿泊を伴う校外学習は3密対策を講じながら行い、郷土を知り体験する機会とする。

 小中学校についても同様の対応を行うよう市町村教委に要請した。一方、県は21日、私立学校にも同様の対応を依頼した。

 県立学校については18日から週5日程度1日3時間以内で授業が再開している。25日からは通常の週5日1日6時間授業となるが、体育の授業では当面、生徒が密集したり、接触したりする運動は行わないなど一部制限する。7月以降の対応については6月末をめどに示すという。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から