県内ニュース

外食自粛、漁師にも打撃 高級魚需要低迷で価格下落

2020年04月28日 13:06
県漁協念珠関地方卸売市場で行われた競り。マダイの浜値が大きく下落している=鶴岡市
 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う会合や外食の自粛により、庄内地方で水揚げされる高級魚の価格が下落している。ノドグロや旬のサクラマスに加え、豊漁期に入ったマダイは特に深刻だ。料亭などに比べ、安値で販売されるスーパーなどへの流通が増え、県漁業協同組合によると、先月下旬以降、漁港の市場での取引価格(浜値)は例年の3、4割安値で推移。漁業関係者は危機感を募らせている。

 県漁協によると、庄内浜のマダイは旬の冬場の方が味が良いものの、この時期は豊漁期。ごち網やはえ縄漁による水揚げが多く、漁港での浜値は1キロ当たり700~800円が平均的だ。しけの影響で漁獲量に増減はあるものの、庄内地方の酒田、由良、念珠関の各地方卸売市場では、この時期、多い日で計2~3トンが水揚げされる。

 価格に変化が起きたのは先月下旬。水揚げ高は好調に推移していたが、感染拡大の状況が深刻化するにつれ、浜値は下落した。先月27日以降、極端に量が少ない日を除き、1キロの単価が700円を超える日はなくなっている。今月18日には2トン以上の水揚げがあったものの、500円を下回った。料亭などに比較的高値で取引されるマダイだが、今はスーパーなどに流れることが多く、価格の下落を招いている。

 「昨年のほぼ半値しか付かない…」。鶴岡市の念珠関地方卸売市場で今月中旬に行われた競りで、漁協関係者が肩を落とした。マダイは例年ならば大型連休に向けて浜値が上がっていく時期。市場の担当者は「漁師の苦労が報われない」と眉をひそめた。はえ縄漁でマダイを捕っている海成丸の船長本間金弥さん(40)=同市鼠ケ関=は「タイだけではなく、他の魚もこの先を見通せない」と話す。夏にかけてマグロ漁を予定しているが、関東地方では既に市場価格が暴落。「船を買った際の借金の返済もある。やっていけるのだろうか」と嘆いた。

加茂水族館、簡単料理の動画配信
マダイを使った料理の撮影に臨む須田剛史さん=鶴岡市・魚匠ダイニング沖海月
 魚の価格が下落する中、家庭での消費拡大につなげようという取り組みもある。鶴岡市立加茂水族館内「魚匠(ぎょしょう)ダイニング沖海月(おきみづき)」の須田剛史料理長(44)は簡単にできる魚料理の動画配信を始めた。

 「脂が乗っていておいしそう」「切り方にこだわり過ぎずに楽しんで」。マダイをさばきながら須田さんがカメラに向かって語り掛ける。100円ショップで買った包丁で手軽さを演出。調味料も市販のものに絞った。

 たれに漬けた身と薬味を酢飯に散らし、15分ほどで「手こねずし」が完成。同水族館のフェイスブックで視聴できる。カレイ、アジを使った料理も配信済み。「魚の美味(おい)しいまち鶴岡」と題し、今後もライブ配信していく。

 観光・宿泊施設の休業が相次ぐ中、漁業者の苦境に対し、料理人としてできることを考えたという須田さん。「旬の魚をぜひ家庭で味わってほしい」と話している。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から