県内ニュース

若者、感染拡大誘発か 陽性6人、20代多く無症状も

2020年04月08日 10:36
 県が6日に公表した感染者6人のうち、3人は20代だった。いずれも若者同士で自宅や飲食店で過ごしたことが、感染を招いたとみられている。中には症状が出ていない感染者も。阿彦忠之県医療統括監は7日の記者会見でこう苦言を呈した。「活動的な若い人が(感染者の)数を多くしている」

 県などによると、ともに20代の高畠ワイナリーの男性店舗従業員(南陽市)と高畠消防署の男性消防士(高畠町)は先月25日、米沢市の友達(スーパー従業員、感染確認)の家で東京在住の友人(男性)を含む計4人で食事をしていた。

 この東京在住の友人は翌26日、既に感染が判明している2人とも会食したり、一緒に家で仮眠をとったりしていた。県は「(東京の)友人を介した感染の可能性は否定できない」と都にPCR検査を依頼している。この友人の実家の家族である40代女性会社員(高畠町)の感染も6日に分かった。

 南陽市の店舗従業員は今月2日から自宅待機。高畠町の消防士は3、5の両日は勤務し、救急業務を担当しているが、マスクや手袋を着用するなどしており、県は他への感染リスクは低いとしている。

 もう1人の20代は建築鉄骨工事などのイタガキ(三川町)の男性社員(鶴岡市)。既に感染が判明している同市の20代男性と先月20日、クラスター(感染者集団)が発生した仙台市の英国風パブ「HUB仙台一番町四丁目店」を利用した。イタガキによると、男性社員は工場内での作業を担当しているという。無症状だったが、PCR検査で陽性と判明した。

 他に50代女性(飯豊町)は既に感染が判明している宅配会社の男性の同僚。パチンコホール「ダイナム山形長井店」(長井市)の清掃業務も行っているが、作業は閉店後のため、県は客にうつす危険性は少ないとしている。さらに50代男性社員(上山市)は東北電化機器販売(山形市)に勤務している。

職員が感染した大蔵の特養は陰性
 県によると、職員の感染が分かった特別養護老人ホーム翠明荘(大蔵村)の入所者と職員計81人を対象に行ったPCR検査の結果が7日に判明し、いずれも陰性だった。

販売や見学中止-高畠ワイナリー
 20代男性店舗従業員の感染が判明し、高畠ワイナリー(高畠町糠野目)は7日から当面の間、販売や見学などの受け入れ休止を決めた。

 同社によると、感染した男性はワイナリー内の店舗運営会社ビネックス高畠の従業員で、ワイン販売や発注を担当。1日の出社時に倦怠(けんたい)感を訴え帰宅し、2日以降は自宅待機していた。店舗の従業員はパートを含め19人で、マスク着用やアルコール消毒、検温などを徹底していた。ワイン醸造には関わっておらず、製造と取引先への販売は継続する。

 商品を取り扱う町内の酒販店店主は「ワイン自体に何ら問題はないということなので、販売店として今まで以上に応援したい」と話した。

消防士の感染が判明した置賜広域行政事務組合高畠消防署=高畠町高畠
近隣署がカバーへ-高畠消防署、全32人自宅待機
 高畠消防署に勤務する20代男性消防士が感染したことを受け、置賜広域行政事務組合消防本部は7日、本人を除く同署の全署員32人を同日から自宅待機とし、施設と緊急車両7台を消毒したことを明らかにした。救急要請、火災が発生した際は近隣署が対応する。

 同本部で記者会見を開き、鈴木敏幸消防長が「地域住民の皆さまに大変な心配をかけ、申し訳ない」と陳謝した。同本部によると、高畠署管内での発生に備え、米沢、南陽、川西の各消防署の消防車、救急車1台ずつを高畠署の駐車場に待機させる。同署の利用は保健所の許可を待って再開する。

 高畠町内で最も高齢化率(約40%)が高い二井宿地区の50代女性は「お年寄りが多い地域なので、救急隊の到着遅れが一番不安だ」と語った。

社内での接触確認-三川の建築会社
 鶴岡市在住の20代男性社員の感染が確認された建築鉄骨工事などのイタガキ(三川町)では7日朝から、社内での接触状況の確認など対応に追われた。同日午後から13日までの予定で操業を止め、工場内の消毒に当たる。

 仙台市の英国風パブで居合わせた同市内の友人の感染が分かった後、同社は4月1日朝から男性を自宅待機としていた。「とにかく残念だ」と瀬尾孝志専務。男性に目立った症状はなく、「陰性」の結果を期待していたという。「地域の方々に心配をかけることになってしまった。関係機関と連携し、感染拡大抑止に取り組む」と語った。

7日から臨時休業-長井のパチンコ店と山形の機器販売会社
 パチンコホール「ダイナム山形長井店」は、店の清掃業務を委託する関連会社の50代女性従業員(飯豊町在住)が感染していたことを受け、7日朝から臨時休業した。店長は「今月9、10の両日に遊技台などの設備を消毒する。安全に配慮して営業再開へ準備したい」と話した。同店は定期的な遊技台の消毒、換気、客を含めたアルコール消毒励行などの対策を施し営業してきたとしている。

 50代の男性社員(上山市在住)が感染していた東北電化機器販売(山形市)も7日から臨時休業とし、保健所と連携しながら他の社員を自宅待機とするなどの対応を取っている。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から