県内ニュース

久々、友達に会えた! コロナ対策徹底し始業式

2020年04月06日 22:17
始業前、教室で児童の検温を行って健康状態をチェックした=西川町・西川小
 県内の一部の小中学校で6日、新年度の始業式が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした一斉休校、春休みを経て約1カ月ぶりの学校再開。県内でも感染確認が相次ぐ中、学校現場では防止対策を徹底して教育活動をスタートした。

 「おはようございます」。西川町の西川小(白田慶和校長、176人)では午前7時50分ごろから児童が続々と登校し、通学を見守る地域住民に元気にあいさつ。同校は児童に各家庭での毎朝の検温を呼び掛けており、登校後も検温した。玄関口には消毒液を設置するなどの対策をとった。

 始業式は通常より児童の間隔を開けて実施。白田校長は「無事に全員登校してくれて、ありがとう」と呼び掛けた。同校では全校集会を控えるなど、児童の密集の機会を減らしていく。

 大石田町の大石田北小(今田均校長、77人)は始業式後、6年生17人の教室では机の間隔を開け、真新しい教科書に名前を書き込み、後藤香奈子教諭が学校生活の注意点を紹介した。「みんなに会えてうれしい。最高学年になり下級生を優しくまとめられるようになりたい」と早坂勇介君(11)。後藤教諭は「子どもたちの不安を取り除けるよう明るく話した。配布物は私が直接手渡した」と感染防止に配慮していた。

 東根市の東根一中(高橋哲也校長、482人)では時間短縮のため新任式と始業式を同時に実施。生徒・教員はマスクを着用し椅子の間隔を開けるなどした。生徒会長の3年高橋璃和(りお)さん(14)は「1カ月ぶりに友達と会えて安心した」。高橋校長は「自分たちができることをしっかりやり、健康と命を守ることが大切。突然の休校という状況もありうる。協力して乗り越えよう」と呼び掛けた。

 東根市と大石田町は6日午後、小中学校は9~22日に臨時休校することをそれぞれ決めている。

関連写真

  • 約1カ月ぶりに学校が再開され、マスク姿の児童たちがスクールバスから降りて教室に向かった=西川町・西川小
  • 除菌液を使って手を消毒し、感染防止に取り組む児童たち=西川町・西川小

おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から