県内ニュース

新庄で県内3人目の感染者 60代男性、肺炎が重症化

2020年04月03日 07:30
PR
 吉村美栄子知事は2日、臨時記者会見を開き、新庄市に住む60代の無職男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は3人目。男性は糖尿病などの基礎疾患があり、肺炎が重症化して集中治療室に入っている。

 男性は、東京から帰省した息子が3月18日に発熱しており、県が感染との関連を調べている。息子は17日に帰省し、20日に東京へ戻った。往復とも山形新幹線を利用しており、県は感染経路を確認するため都内の保健所に息子のPCR検査を依頼した。

 阿彦忠之医療統括監は会見で「男性は1カ月間以内に海外や感染拡大地域を訪れていない。(息子が)陽性なら感染をつなげた経路が推定できる」とした。県は他に、園児を含む自宅待機中の家族7人を濃厚接触者として検査した結果、全員の陰性を確認した。

 県によると、男性は26日から38度台の熱が出たため自宅で静養していたが、30日午後に新庄市内の医療機関を受診。インフルエンザ検査を受け、陰性だった。31日深夜に肺炎の症状で、この医療機関の夜間救急を受診し、感染症病床に入院した。

 医療機関が今月1日、最上保健所に相談し、男性の検体を採取。県衛生研究所でPCR検査した結果、午後5時ごろに陽性と判明した。院内感染の可能性について、阿彦医療統括監は「他の患者との接触はないが、医師や看護師について経過観察の必要性を検討している」とした。男性は重症化が見込まれたため、村山保健所管内の感染症指定医療機関に転院した。

 感染公表が陽性判明の翌日となったことについて、阿彦医療統括監は「公表前に患者への告知と説明をしているが、男性は話ができる状態ではなかった。感染症の公表は陽性判明の翌日になるケースが多い」と説明した。

【新庄市の60代男性の感染確認までの経緯】
26日 38度台の発熱。熱が続き29日まで自宅で静養
30日 症状が改善せず、新庄市内の医療機関を受診
   インフルエンザ検査で陰性
31日 深夜に肺炎の症状で同じ医療機関の夜間救急を受診し、感染症病床に入院
1日  CT検査で肺炎の所見
   PCR検査で陽性と判明
   村山保健所管内の感染症指定医療機関に転院
2日 重症化し、集中治療室(ICU)へ

上山・温泉旅館感染濃厚接触者は陰性
 県は2日、感染が1日に公表された上山市の温泉旅館「花明りの宿 月の池」の男性従業員の濃厚接触者8人について、PCR検査の結果、いずれも陰性だったと明らかにした。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から