県内ニュース

ロケでゆかりの県民、志村けんさんを悼む

2020年03月31日 13:08
 お茶の間に長年笑いを届けた志村けんさんの突然の訃報に、テレビ番組のロケで接した県内関係者からは残念がる声が聞かれた。国民的な人気を集めたお笑いスターは、カメラの裏でもその人柄が「気さくで温かった」と口をそろえ、「まさかこんなことになるとは…」と、深い喪失感に包まれた。

志村けんさんのサイン色紙(左)を眺め、当時を振り返る近野俊二さん=川西町
◆川西の食堂
 2000年7月、志村さんはテレビ番組のロケで川西町のJR羽前小松駅前にある食堂「あっさり」を訪れ、米沢牛を味わった。店主の近野俊二さん(54)は、店内に飾られたサイン色紙に目をやり、「テレビで見た通り、そのままの人。とても気さくで愉快だった」と人柄をしのんだ。

 当時、近野さんは志村さんの誘いで隣に座り、町の地酒「雪むかえ」を酌み交わしたという。「あんなスターに酒をついでもらえるとは、信じられないくらい光栄だった」と振り返り、「入院したとの報道を聞いて心配はしていたが、元気に持ち直してくれると信じていた。まさか…」と声を絞り出した。

◆山辺の民家
 同じ時期のロケで、山辺町北作の実家が撮影に使われた岩本享子さん(62)=西川町岩根沢=も特別な思い出を持つ。台所で郷土料理の「だし」を作っていると、撮影の合間を縫って顔を出した志村さんが「自分もやってみたい」と、並んで野菜を刻んだという。「『親にも食べさせたい』と喜んでくれてうれしかった」と振り返った。

 食事ではみんなでいろりを囲み、「いろんな話をし、大笑いして楽しく過ごした」。記念撮影では、頬がくっつくほど近くによってきてくれ、「とても気さくで温かくて素晴らしい人だった」と語る。入院の報を気に掛けてはいたが、「こんなことになるなんて」と残念がった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から