県内ニュース

高校生の就職内定率98.4% 県内2月末、5年続け最高値

2020年03月31日 08:35
 山形労働局は30日、今春卒業の県内高校生の就職内定率(2月末現在)が98.4%だったと発表した。同時期としては5年連続で過去最高の高い水準を維持した。同労働局によると、現時点で新型コロナウイルス感染拡大による県内企業の内定取り消しや、入社時期延期といった影響は確認されていないという。

 県内企業からの求人数は8.2%減の5910人。製造業や建設業、卸売・小売業、宿泊業・飲食サービス業、医療・福祉など多くの業種で前年を下回った。

 高校生の就職希望者(縁故、自営従事、公務員を除く)は7.0%減の2536人。このうち県内企業への就職希望者は10.4%減の1938人だった。求人倍率は0.07ポイント上昇の3.05倍で、同時期として過去最高となった。

 内定者は2496人で7.0%減。このうち県内企業への内定者は10.4%減の1902人で、県外企業への内定者は5.7%増加し594人だった。内定者全体に占める県内の割合は76.2%で2.9ポイントダウンした。県外企業のアピール力、高校生の県外志向がともに強まったことが背景にある。今後も未内定者に対する個別支援を続ける。

 地域別の県内求人倍率は高い順に、置賜3.69倍、最上3.51倍、庄内3.21倍、村山2.68倍。県内内定率は置賜99.4%、庄内98.8%、村山97.5%、最上96.0%だった。

 高校以外の就職内定率は大学が前年同期比0.3ポイント低下の96.8%、短大が1.6ポイント低い92.0%、高専が前年と同じで100%、専修学校が2.3ポイントダウンの93.2%となった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から