県内ニュース

気鋭の拳「金遠くない」 東京五輪・ボクシング代表の岡沢セオンの一問一答

2020年03月30日 09:56
ボクシングで東京五輪代表入りを決めた岡沢セオン(鹿児島県体協・日大山形高出)。開催延期を前向きに捉え、練習に励む=山形市
 ボクシングの男子ウエルター級で東京五輪出場を決めた山形市出身の岡沢セオン(24)=鹿児島県体協・日大山形高出。自らの拳で代表入りの道を切り開いたサウスポーは、新型コロナウイルス感染拡大による五輪開催延期を「自分に足りないものを身に付けるための時間ができた」と前向きに捉え、古里で練習を再スタートさせた。「金メダルまでの距離は遠くないと感じている」。市内で取材に応じ、今の心境を語った。以下は一問一答。

 ―東京五輪が1年程度の延期となった。どう受け止めているか。

 「基礎を作り直し、自分に足りないものを身に付けるための時間ができたと前向きに捉えている。国際大会出場は昨春のアジア選手権からで、海外選手との試合を重ね、強くなるためにやらなければならないことがたくさんあると実感した」

 ―日本ボクシング連盟は代表入りした選手の権利を維持する方針を示している。

 「僕ら選手は目の前のことに集中するだけ。五輪に向けて準備する時間が増えたのだから、日本が活気付く最高のパフォーマンスを見せられるように努力する。そこに向けて全力を尽くすのみだ」

 ―自力で五輪出場を決めた感想は。

 「自分に課した最低条件はクリアすることができた。支えてくれる方々にいい報告ができるとの思いが強く、喜びよりもほっとしたというのが正直な気持ちだった。開催国枠ではなく自力で出場を決めたことに価値を認め、多くの方が喜んでくれた。さらに貪欲に頑張ろうという思いを新たにした」

 ―アジア・オセアニア予選は準々決勝の敗戦からの代表枠獲得だった。

 「インド選手との準々決勝は打たれずに打つ自分のボクシングができていると感じたので『勝った』と思った。ただ、ポイントが取れているだろうという主観が先立ってしまい、安全運転になってしまった。果敢に前に出る相手の姿勢が逆に審判の評価につながったのだと思う。リスクを冒してでもポイントを取りに行く姿勢が足りなかった。だからこそ(最後の代表枠が懸かる中国選手との)5位決定戦は自分から前に出ることを意識した。敗戦からはい上がることができたことは大きく、以前の僕なら諦めていただろう。結果的に勝負の引き出しを増やすこともできたと思っている」

 ―五輪に向けた課題は。

 「国際大会を経験し、自分の距離感は世界でも通用することを感じた。一方で試合を支配する空気感はもっと磨かないといけない。海外選手は相手に合わせることなく自分のボクシングをぶつけてくることが多く、強い選手は試合のつくり方や流れのつかみ方がうまい」

 ―強化のポイントをどこに置く考えか。

 「海外勢のパワーに力負けしないためのフィジカル面の強化はもちろんだが、拮抗(きっこう)した勝負になる中でいかに自分に有利な流れに持ち込むかが重要。駆け引きなどの展開力を高める練習にも力を入れていく」

 ―五輪の目標は。

 「もちろん金メダル。決して遠い道のりではない。アジア・オセアニア予選で優勝したヨルダン選手には昨春のアジア選手権で大差で勝っている。昨秋の世界選手権では銀メダルのイングランド選手に敗れたが、僅差で互角以上の戦いだった。優勝したロシア選手ともスパーリングで拳を交えているので対策はある。堂々と迎え撃って金メダルを取り、多くの人にアマボクシングの魅力を伝えたい」
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から