県内ニュース

県外往来自粛要請、理解と戸惑い交錯 県内の駅や空港は…

2020年03月30日 07:25
乗り込む利用客も少なく、閑散としているJR山形駅前の仙台行き高速バス乗り場=29日正午ごろ
 「移動自粛は意味がある」「動きにくくなった」―。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、吉村美栄子知事が当面の「県外との往来自粛」を県民に呼び掛ける中、県内の“玄関口”となる駅や空港では29日、利用客などから自粛要請を理解する一方で戸惑う声も聞かれた。仕事などで県内外を行き来せざるを得ない人らは「感染対策を万全にするしかない」と気を引き締めた。

 全国的な感染拡大を受け人の往来が減り、通常の週末と比べて人の少ないJR山形駅改札周辺。弟の引っ越しに伴い日帰りで仙台市に向かう山形大2年今井陸人さん(20)は、自粛要請に理解を示し「戻ったらしばらく山形市内で過ごす。予防に意味はあると思うけど、仙台から通う友人がいるから…」と心配した。家族と電車で訪れた天童市の会社員土田清樹(さやき)さん(30)は「どうしても必要な場合は県外に出掛けるだろう。状況を判断して過ごしている」と冷静に受け止めた。

 日曜なら満席もある仙台行き高速バスはこの日、利用客がまばら。山形駅前の乗り場は学校の新学期など必要に迫られて移動する人が目立ったが、中には「講義の開始時期が決まらないので、本当に移動ができなくなる前に帰る」という宮城県出身で山形大3年の男子学生(20)も。山形の実家を訪れていた仙台市の男性会社員(35)は「週末に親の様子を見に来ていたが、動きにくくなる」と困り顔。駅近くで買い物中だった山形市内の沢村国子さん(81)は「大沼が閉店し、仙台のデパートを利用していたのに」と残念そうだった。

マスク姿の乗客が、家族らに見送られながら搭乗口へと向かった=29日午後0時31分、庄内空港
 酒田市の庄内空港も普段の週末に比べて人影は少ない。鶴岡工業高等専門学校をこの春卒業した上野兼和(けんと)さん(20)は、4月から千葉県の製油所で働くため羽田便に。「入社式も縮小され不安は大きい。手の消毒徹底や外出を控えるなど予防に努めたい」と話した。酒田市に工場がある都内企業の男性経営者(59)は「業務の調整役や責任者として、東京からの社員派遣をやめるわけにはいかない。感染者を出さないよう万全を期す」と語り、搭乗口へ向かった。

 米沢市の道の駅米沢は駐車場に空きが目立ち、遠方からの観光客が減っているという。同市の主婦伊藤真由美さん(55)は神奈川県内の妹に送る調味料や食品を買いに訪れ「妹はいつもこの時期に帰ってくるが、症状がないうちに誰かにうつしてしまう可能性を考えると今行き来させるのは怖い」と話し、見えないウイルスへの不安を募らせていた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から