県内ニュース

農作業中、袖から雨もう入らない 朝日町とミズノ、サポーター共同開発

2020年03月28日 12:30
ミズノと朝日町などが開発した農作業用手首サポーター。袖口まで覆い、腕を上げても水が入らない=同町役場
 まちづくりに関して事業提携しているミズノ(大阪市)と朝日町は27日、町内の若手果樹農家からの意見を基に共同開発した農作業用手首サポーターを、同町役場でお披露目した。雨天の農作業時に手首を覆い袖口から腕に水が入ることを防ぐ。4月をめどに同町など西村山地域で販売する予定。

 ミズノは2018年から同町と20~40代の果樹農家との意見交換を5回にわたり実施。リンゴなど果樹栽培は収穫などで頭上に手を上げての作業が多く、雨天時はレインウエアを着ていても袖口から雨が入り腕や衣服がぬれることから、3者で共同企画し、ミズノが製品を作った。

 完成したサポーターはウエットスーツ素材で、手首とレインウエアの袖口を共に覆う。長さ13センチ。手首の太さに合わせて3サイズを用意した。価格は両腕用1セットで3960円。西村山での販売後は全国展開も視野に入れている。

 発表には意見交換や試作品の改良に参加した町内農家4人が参加。リンゴと西洋ナシを生産する遠藤幹子さん(32)は「今までは雨の農作業だと脇の下までぬれていた。これを使えば水は入って来ないし格好いい。皆にも使ってもらいたい」と笑顔で話していた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から