県内ニュース

県内年度末の動きにブレーキ 東京の週末外出自粛

2020年03月28日 10:55
PR
 東京都内が週末に外出自粛となり、周辺地区からの人や物の流れへの影響が想定される。県内のバス会社では一部でキャンセルも出ており、県内企業でも首都との往来を最小限にとどめるなどの対応を講じている。

【輸送】
 山交バス(山形市)は1日1便、新庄発東京行きの高速バスを運行。都内での外出自粛が要請された25日以降、乗車予定だった2人からキャンセルがあったという。同社は座席の消毒などに加え、座席が隣り合わないよう対策も講じている。担当者は「既に例年の半分以下の利用客数だが、さらに厳しい状況になる」と悩ましげだ。

 庄内交通(鶴岡市)は東京行きの夜行高速バス3路線のうち、東京ディズニーランド線は4月22日まで既に運休。渋谷、池袋の両路線は1日1往復運行しているが、26日から27日にかけて15人ほどの予約キャンセルがあったという。担当者は「引っ越しや就職などの用事で利用する人が多いが、外出自粛要請の発表後、キャンセルが少しずつ増えた」と話す。今月の利用者数は予約も含め前年同期の35%前後まで落ち込んでいる。

 都内の企業の休業や食品の買い占めなどで、物流の混乱も想定される。都内や首都圏に多くの取引先を持つ第一貨物(山形市)は「状況が刻々と変わるが、当社は産業だけでなく、食料品や日用品など生活インフラの基幹を担っている。感染対策を徹底し、輸送の確保に努める」と話した。

 JR東日本山形支店は、今週末の予約状況は読めていないという。4月は例年、転勤や進学などで満席の便も出るが、今年は指定席の予約が4割程度にとどまっており、「自粛と言われれば『出歩くのはやめよう』となる心情は分かる。今週末もキャンセルが出るかもしれない」と語った。

【製造】
 米沢市のNECパーソナルコンピュータ米沢事業場は、都内での外出自粛が出る前から直接出向かなければ成り立たない業務以外、メールやテレビ電話会議などで対応している。同事業場は「以前からテレワークでの業務を推進してきた。現時点で東京出張は、ほぼなくなっている」という。

 都内に本社がある花王酒田工場(酒田市)は、社員の往来をなくすため、グループ全体で出張禁止に。製造に直接関わらない社員は在宅勤務とし、社員間の濃厚接触を回避している。

 東北パイオニア(天童市)は、親会社のパイオニア(東京)への出張を控え、電話やテレビ会議などに切り替えている。親会社で在宅勤務を導入している部署がある影響で、一部で業務上のやりとりがスムーズにできない状況も生じているという。

【金融】
 山形銀行(山形市)の東京支店、東京事務所には15人の行員が勤務。土日は窓口もATMも営業しておらず、行員は出勤しないため、外出自粛の要請を受けた特別な指示はしていないという。荘内銀行(鶴岡市)は東京駐在の市場部門担当者を分散勤務させるため、既に3月から一部行員を山形勤務に変更している。吉祥寺支店は入居ビルに合わせ営業時間を短縮した。4月1日付の人事異動は6日に赴任を完了する予定だったが、東京の2支店は先送りも検討する。きらやか銀行(山形市)は東京支店と東京事務所に10人が勤務。既に新規先への訪問などを自粛している。

【自治体】
 一方、県は既に全職員に不要不急の出張はせず、遠距離の会議はインターネットで行うよう通知。東京など県外事務所は例年通り、県内に異動する職員に対し4月1日付の発令を前倒しして行い、県内外の往来を最小限にとどめている。新規採用職員のうち、海外や国内でクラスター(観戦者集団)が発生した施設から帰宅後、2週間経過していない職員は自宅待機とする予定だったが該当者はいないという。

 鶴岡市では市東京事務所(江戸川区)の機能を一時的に市役所本庁舎に移転させる。期間は4月1日~5月6日。事務所長と専門員の2人は本庁舎で業務に当たり、現地採用の交流推進員3人は在宅勤務する。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から