県内ニュース

全国温泉総選挙で肘折3冠 総務大臣賞、健康増進部門、パワースポット

2020年03月11日 23:33
PR
 全国の温泉地活性化などを目的に開かれている「温泉総選挙2019」で、大蔵村の肘折温泉が総務大臣賞と健康増進部門1位に輝いた。さらに特別企画のパワースポットランキングでも、同温泉の地蔵倉が1位となり“3冠”を獲得。少雪と新型コロナウイルス感染症の“二重苦”に見舞われている温泉関係者だが、この吉報に「これまでの取り組みを評価してもらいありがたい」と喜んでいる。

 肘折温泉では降雪、積雪量に応じて宿泊料などが割引になる「ドカ雪・大雪割キャンペーン」や、発泡スチロールに肘折の新雪を詰め込んだミニ雪だるまを発売するなど、雪を生かしたユニークな取り組みを行っている。

 「総選挙」の大臣賞は観光関係の有識者らでつくる選考委員会が選出され、部門賞はインターネットの一般投票など、特別企画はインターネットでのページ閲覧数で決定した。肘折温泉は雪を観光資源と捉えたイベントを企画し、地域経済の循環に貢献していることが評価され大臣賞を受賞。湯治のための入浴法を医師がアドバイスする取り組みなども健康増進に寄与しているとされた。また温泉街から徒歩約50分ほどの地蔵倉は「日本の奇岩百景+(プラス)」に選ばれており、縁結びや商売繁盛の御利益で知られている。

 観光関係者によると、今冬の肘折温泉の降雪量は体感として例年の半分以下。少雪を理由に宿泊をキャンセルする客もいた。また新型ウイルスの影響で、700~800人ほどが予約を取りやめている。肘折温泉旅館組合の高山茂組合長は「客足は落ち込んでいるが肘折の良さを発信し、観光客に喜ばれる温泉地を目指したい」と話している。

 総選挙は温泉関係者などでつくる「旅して日本プロジェクト」が主催し、4回目。肘折温泉以外の県内関係では、山形市の蔵王温泉がスポーツ・レジャー部門で5位に選ばれた。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から