県内ニュース

ママ目線でセレクト「防災ボックス」 西谷(山形市)、3月11日発売

2020年02月25日 20:16
断水時に便利な衛生用品や子どもたちがおいしく食べられる非常食を詰めた防災ボックス
 消防・防災用品を扱う西谷(にしや)(山形市、西谷金蔵代表取締役)は、ママ目線で選んだグッズを詰め込んだ防災ボックスを3月11日に発売する。その名も「断水時に便利なアイテムが入っている。でも、ちょっと足りない防災ボックス」と銘打ち、水なしで使える衛生用品や子どもがおいしく食べられる非常食を集めた。

 3児の母で、東日本大震災を機に防災士の資格を取得した西谷友里(ゆり)さん(34)を中心に企画した。震災以降の余震に加えて台風などの災害があるたびに、ママたちから防災ボックスを要望する声が大きくなっていったという。同社が開くパパママ向け防災講習の参加者や、友里さんの子育て中の友人たちに聞き取り調査をし、ボックスの内容を吟味した。ターゲット設定やPR方法は山形市売上増進支援センターY-biz(ワイビズ)のアドバイスを受けた。

 「断水時に便利」とうたってはいるが、水は「自分で備えられる」「避難所にある」との意見が多かったため外して、ほかのグッズを充実させた。衛生用品は指サック型の歯ブラシシートや、洗い流す必要がない手袋式シャンプーなどを用意した。非常食は味を重視し、湯を注ぐだけで食べられる「わかめご飯」や「ドライカレー」など子どもの好みに合わせた6種類をセレクトした。いずれも友里さんが自身の幼い子どもたちに試したところ、おいしく食べ、嫌がらずに歯磨きや洗髪ができたという。

水で洗い流す必要がない手袋式シャンプーを実演する西谷友里さん=山形市
 防災ボックスは▽手軽に試せる3千円コース(非常食6袋、使い捨て容器など)▽衛生用品を加えた6千円コース(非常食8袋、簡易トイレも)▽非常食16袋と豊富に備えたギフト用9千円コース-の3種類。

 友里さんは「子育てや仕事に忙しいママが防災グッズを自分で完璧にそろえるのは大変。この商品が家庭の防災対策のきっかけになればうれしい」と話す。

 電話での注文を受け付けるが、発送は震災発生日に合わせて3月11日以降となる。直営通販サイトでの販売も行う予定。問い合わせは西谷023(622)5677。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から