県内ニュース

ママ負担減へ“料理、作り置きします” 山形の三浦さん、代行サービス開始

2020年02月20日 12:43
ママのための調理代行サービスを始めた三浦麻耶さん=山形市
 仕事や育児に忙しい母親たちの日々の負担を減らしたい―。1児の母である山形市の三浦麻耶さん(33)が自身の経験を生かし、県内では珍しい作り置き料理に特化した調理代行サービスを始めた。

 三浦さんは、夫婦ともに両親が県外在住のため頼れない上、平日は一人で育児をこなす「ワンオペ育児」を続け、育児や家事、仕事を両立する難しさを痛感してきた。「育児や仕事は自分にしかできないが、家事は人に頼んだっていい。頑張り過ぎるママたちが上手に手を抜けるようにしたい」。元々、調理師を目指してレストランなどで鍛えた腕前を生かし、新たなビジネス「クラシノリズム」を立ち上げた。

 「日持ちする」「アレンジできる」「冷凍できる」メニューを売りとし、利用客の自宅で調理する。料金は一般的な調理代行サービスより低く設定した。例えば、2時間(4950円)で、チキンのトマト煮、豚肉のしょうが焼き、クリームチーズのオムレツ、ドライカレー、切り干し大根の煮物など11品、3時間(6600円)だと17品ほど。材料は原則、利用客に用意してもらうが、希望があれば買い物代行も受け付ける。要望に応じて家族の好みや弁当用のおかず、離乳食にも対応する。サービス対象地域は山形市近郊。サービス形態やPR方法については、市売上増進支援センター「Y―biz(ワイビズ)」の助言を受けた。

 現在は三浦さんが一人で対応しているが、事業が拡大すれば子育て中の専業主婦を雇用する計画だ。自分のペースで働くことができる場を提供し、子育ての息抜きをしてもらいたいとの思いもある。

 三浦さんは「ぜひパパにも、ママへのプレゼントして使ってもらいたい」と話す。調理代行サービスの申し込みはクラシノリズムのホームページ(https://kurashinorhythm.wixsite.com/yamagata)から。問い合わせはメールアドレスkurashi.no.rhythm@gmail.com
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から