県内ニュース

菊地(九里学園高)が堂々準V 冬季国体スキー、少年男子10キロクラシカル

2020年02月18日 14:00
 第75回国民体育大会冬季大会スキー競技会「とやま・なんと国体2020」は17日、富山県南砺市などで競技が始まった。県勢は距離少年男子10キロクラシカルで菊地哲(九里学園高)が28分44秒8で準優勝した。アルペン大回転成年女子Aでは越後英美華(法大・日大山形高出)が1分2秒53で7位に入った。

 18日はアルペン大回転の成年男子Cと成年女子B、少年女子、距離の成年男子C、成年女子A、同B、少年女子、複合の成年男子A、同B、少年男子が行われる。

〈距離少年男子10キロクラシカル〉持ち前の高い実力で2位に入った菊地哲(九里学園高)=富山県南砺市・たいらクロスカントリーコース
無心―自分取り戻す
【ヒーロー】全国屈指の実力を見せつけた。距離少年男子10キロクラシカルの菊地哲(九里学園高)は全国高校大会(インターハイ=IH)での不調をはねのけ、力強い滑りで堂々の準優勝を果たした。本大会で県勢初の表彰台に立ち「優勝を逃して悔しいが、まずはほっとした。これまでの練習は間違っていなかった」と充実感をにじませた。

 終始安定感が光った。中盤までに上り坂と急なカーブが連続するコース。上位勢によるせめぎ合いの中、強い心肺機能が持ち味の菊地は冷静に自分のペースを貫いた。2周目に疲れが出たが、軽快なリズムは続いた。前傾姿勢と体の軸を意識してフォームを維持し、スピードを落とさず踏みとどまった。

 IHでは上位を意識するあまり自分を見失い、低迷を招いた。教訓を踏まえ「いつも通りの滑りを心掛けた。IHでの失敗、悔しさをぶつけたかった」。その言葉通り、落ち着きを保った崩れないレース運びで本来の実力を発揮した。

 最終盤、スピードを上げ猛然とゴールに飛び込んだ。「1秒でも縮めたかった」。電光掲示板に表示された1位との差は7秒。「準優勝できたが、もっと粘れれば結果は違ったはず」とし「まだまだこれから。自分の良さをさらに出し切れるよう成長していきたい」とあくなき向上心を見せた。

〈アルペン大回転成年女子A〉7位に入った越後英美華(法大・日大山形高出)=富山県南砺市・たいらスキー場
思いの強さ、越後(日大山形高出)7位
 アルペン大回転成年女子Aで越後英美華(法大・日大山形高出)は7位。成年では初の入賞に、「層の厚いカテゴリーで入賞できたことは自信になる」と手応えをつかんだ様子だ。

 攻めた。序盤の急斜面のライン取りは「想定通り」。そのままスピードに乗って緩斜面を滑り抜けた。終盤の急斜面の入り口でターンが膨らむミスがあったものの、「焦ったけど、冷静に立て直すことができたことは収穫」と前向きに捉える。

 2年前の国体は少年女子で4位に入ったが、成年女子Aで初めて臨んだ前回は11位。今回は「絶対に入賞する」との強い思いでレースに臨み、結果を出した。「来年はもっと上位に入れるよう技術を磨きたい」。着実に成長を遂げる20歳はさらなる飛躍を期した。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から