県内ニュース

天童「コマノミクス」に新製品5種 多賀城市、芸工大などと開発

2020年02月18日 11:12
裏面に和柄の装飾を施した「66将棋」の駒について説明する東北芸術工科大の学生ら=天童市・松の湯
 天童商工会議所は17日、将棋を題材にした地域活性化事業「コマノミクス」で生まれた新製品5種をお披露目した。天童市の友好都市・宮城県多賀城市や東北芸術工科大などとコラボレーションした将棋駒、とんかつ屋が考案したカツサンド、畳べりを使った小物、料理を載せる笹の葉といった、アイデアに富んだラインアップとなった。

 多賀城市との連携では、コマノミクスのコーディネーターで尚絅(しょうけい)学院大(宮城県名取市)の松田道雄教授が提案した「ご当地駒」を開発。多賀城市の花・アヤメや市章をデザインしたものと、文字を花の紫、茎や葉の緑に染めた計3パターンを作った。ご当地駒は今後、全国の自治体に提案していく考えだ。

 縦横とも6マスの「66(ろくろく)将棋」用で、裏面に和柄の装飾を施した駒も製作。芸工大企画構想学科2年の斎藤優有(ゆう)さん(20)と木村琴美さん(20)のアイデアを採用した。駒を展示するための透明のケース、将棋盤を印刷した風呂敷も開発。日本文化に興味を持つ外国人観光客にアピールする狙いがある。

 カツサンドはパンを将棋駒の形にし、ヒレカツとキャベツを挟んだボリューム十分の一品で、三州屋(天童市)が手掛けた。小物は駒がデザインされた畳べりを活用し、バッグ、名刺入れ、小銭入れなど8種類を商品化した。笹の葉は、既に製品化されている焼きのりと同様に駒を型抜きしたもので、すしなどの料理を提供する際に用いることを想定している。

 天童市の松の湯で開かれた新製品披露会で、松田教授は「将棋文化を『輸出』し、各地の特色あるものと組み合わせて活性化を図る取り組みを進めたい。天童を訪れる観光への波及効果も期待できる」と述べた。

 畳べりの小物は既に「フラワー&手づくりの店・私の部屋」(天童市)で1100~3850円で販売されており、それ以外は4月以降に発売する予定。

関連写真

  • 多賀城市の花・アヤメや市章などをデザインした将棋駒
  • 将棋駒をかたどったカツサンド

おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から