県内ニュース

新時代切り開く~県予算案内示(1) 移住定住推進

2020年02月16日 10:33
 県の2020年度予算案が県議会に内示された。吉村美栄子知事は「新時代を切り開く予算」と表現。近く策定予定の第4次県総合発展計画に沿って、さまざまな施策を盛り込んだ。山積する本県の課題解決に向け、どのような対策を講じるのか。予算案の内容を検証する。

 「首都圏の一極集中ははっきりしている。できる限りのことを粘り強くやっていかなければならない」。吉村知事は予算案内示後の臨時記者会見で、移住定住施策に対する思いをこう語った。本県の人口減少は加速しており、近い将来、多くの地域でコミュニティーを維持できなくなる可能性をはらんでいる。

 県社会的移動人口調査によると、07年に120万人を切った本県人口は、その後も減少の一途をたどり、13年に115万人、18年には110万人を下回った。少子高齢化に伴う自然減が進み、若者の大都市流出による社会減の進行も深刻化している。20年度予算案で県は、若い世代の県内定着を促し、県外から女性や子育て世代を呼び込む施策に力を入れる姿勢を鮮明にした。

 人口流出など社会減対策に向けて、オール山形体制で取り組む一般社団法人「ふるさと山形移住・定住推進センター(仮称)」を4月に発足させる。移住関係では東北初の法人設立となる見込みだ。市町村や民間企業と連携し、移住希望者に対する相談業務や情報発信などを専門的に手掛ける。引っ越し費用やレンタカー代の割引といった各種サービスの提供を想定した「やまがた移住優待カード」制度も始める。

 県は県外からの移住世帯に1年分のコメ、みそ、しょうゆを提供しているが、新たにアパートなどの賃貸住宅の家賃補助として移住後2年間、月額1万円を支援する。一人親家庭にはさらに手厚くし、経済的に自立できるよう支える。食は移住2年目以降に5年目まで県産米を無償提供。家賃支援は移住後3年間にわたり月額1万円を上乗せし、転居に伴う経費も10万円を上限に支給する。

 県子育て支援課によると、子どもを産む年齢となる15~49歳の女性人口の減少率はこの10年間で16.5%に上る。これに伴い、年間出生数もこの10年で2200人近く減った。若い女性の定住促進が喫緊の課題であることは明らかだ。

 県外からの移住を視野に入れた出会い・結婚支援事業は、観光産業などと連携して首都圏の若い女性をターゲットに展開する。本県に関心を持ってもらうため、首都圏で勉強会を開き、県内の居住環境や子育て支援策、食や観光といった魅力を紹介する。その上で、本県でお見合い形式の食事会やイベント体験などを開催し、交際、成婚へと発展する流れをつくる。県外出身の女性と県内出身の男性とのマッチングを増やすため、さまざまな仕掛けを考えていく。

 さらに親戚が近くにいない県外出身者でも安心して子どもを育てられるよう「やまがた他孫(たまご)育て支援事業」に取り組む。子育てに意欲がある元気なシニア層の力を無償で借り、地域の子育て支援センターや公民館などでサポート役を担ってもらう。県外から移住した子育て世代の孤立感解消につなげる考えだ。

主な事業と予算額
▼移住定住・人材確保の戦略的展開 1億7048万円
▼一人親家庭の移住促進と経済的な自立支援 3120万円
▼県外から女性や子育て世代を呼び込む移住支援 1023万円
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から