県内ニュース

酒田のパイレーツビル、賃貸停止か 繁華街の象徴、設備更新を断念

2020年02月15日 10:32
多くの飲食店などが入居していた繁華街の象徴的な存在の「パイレーツビル」。賃貸事業を停止したとみられる=酒田市中町3丁目
 酒田市の繁華街の象徴的な存在として親しまれてきた貸しビル「パイレーツビル」が、賃貸事業を停止したとみられることが14日、関係者への取材で分かった。昨年末まで飲食店など約20店舗が入居していたが、今月上旬にビルを所有する不動産会社から店舗経営者らに解約の文書が届き、事業再開の断念の考えも示されているという。不動産会社は山形新聞の取材に「回答できない」としている。

 同ビルは同市中心部の中町3丁目にあり、千葉県松戸市の不動産会社が所有している。昨年12月29日夜、電気設備の故障で全館が停電。ビルへの立ち入りなどが制限され、スナックなど入居店舗は営業できない状態が続いたという。

 関係者によると、今年1月中旬に不動産会社が酒田市内で説明会を開き、店舗経営者らに電気設備を復旧し、ビルの再開を目指すことが伝えられた。しかし、今月上旬に同社から文書が届き、再開を断念し各店舗との賃貸借契約を解約することが通知されたという。文書によると、電気設備の交換だけでなく、建物の老朽化対策などを含め多額の費用が必要で、資金不足により断念するとしている。

 入居店舗のうち5店舗ほどが、14日までに近隣ビルなどに移転した。不動産会社の当初の説明を信じてビルの再開を待っていた店舗経営者もおり、「店をたたむことを決める人も出てくるかもしれない」と心配する声が聞かれる。

 1月中旬に店を移したスナックの女性経営者は「年末年始の稼ぎ時に営業できず、引っ越し費用もかさんだ」と漏らし、「酒田の繁華街の象徴的なビルで、これで終わりになるとすれば残念。客足が変わってくるのでは」とさみしそうに語った。

 パイレーツビルは1961(昭和36)年建設の鉄骨鉄筋コンクリート造りで、地下1階地上7階建て。78年に清水屋(現マリーン5清水屋)が中町2丁目に移転するまで同社の店舗で、その後、貸しビルになった。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から